top of page
検索
  • cassandra770

就職面接の準備はどうすればいいですか?


あなたが就職面接の準備をしているビジネス英語の学生なら、おめでとうございます!


これはあなたのキャリア目標に向けた素晴らしい一歩です。しかし、面接は、特に母国語ではない言語でコミュニケーションを図ろうとする場合、緊張するものです。面接を勝ち抜き、良い印象を与えるためのヒントをいくつか紹介します。


やるべきこと:

  1. 企業について研究する:企業の製品、サービス、文化を十分に理解していることを確認してください。これは、面接官の質問に対する答えを調整するのに役立ちます。

  2. 答えを準備する: 「あなた自身について教えてください」や「なぜ当社で働きたいのですか?」などの一般的な面接の質問に答える練習をします。そうすることで、面接中に自信を持って明確に話すことができるようになります。

  3. 適切な服装:多くの西側諸国では、就職面接ではビジネス服装が求められています。服装が清潔でプロフェッショナルであり、応募先の業界に適切であることを確認してください。

  4. 時間を厳守する:あなたが信頼でき、面接官の時間を尊重していることを示すために、時間通りまたは数分前に到着します。

  5. 自信を持ったボディランゲージを使用します。アイコンタクトを取り、背筋を伸ばして座り、はっきりと話します。こうした非言語的な手がかりは、あなたが自信に満ちていてプロフェッショナルであると思われるのに役立ちます。

してはいけないこと:

  1. 早口になりすぎないようにしましょう。質問に答えるときは時間をかけてください。早口で話すと、緊張していたり、準備ができていないように聞こえることがあります。

  2. 面接官の話を遮らないでください。あなたが答える前に、面接官が話し終えてからにしてください。割り込むことは失礼または攻撃的であると見なされる可能性があります。

  3. 前の雇用主を批判しない:前の雇用主で否定的な経験があったとしても、プロフェッショナルであり続け、前の雇用主について否定的な発言を避けることが重要です。

  4. カジュアルになりすぎないようにしましょう。フレンドリーで親しみやすい態度をとることは重要ですが、俗語やカジュアルな言葉の使用は避けてください。プロフェッショナルかつ敬意を持った言葉遣いを心がけてください。

文化の違い:


東洋と西洋の間には、ビジネス英語を学ぶ学生が就職面接の際に注意すべき文化的な違いがいくつかあります。たとえば、一部の東洋文化では、敬意を持って直接アイコンタクトを避けることが礼儀だと考えられています。しかし、西洋文化では、直接のアイコンタクトは自信と誠実さの表れと見なされることもよくあります。


さらに、一部の東洋文化では、面接中に婚姻状況や家族背景などの個人的な質問をするのが一般的です。西洋文化では、この種の質問は一般的に不適切であると考えられており、避ける必要があります。


これらの「すべきこと」と「してはいけないこと」に従い、文化の違いを意識することで、ビジネス英語の学生は就職面接で自分自身を最大限にアピールできるようになります。幸運を!


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page