top of page
検索
  • 執筆者の写真Richard Selwyn

シンガポールで車を所有する: 知っておくべきこと

シンガポールは小さな島嶼都市国家であり、人口密度が高いため、車を所有するのが難しい場合があります。シンガポール政府は、道路を走る車の数を規制するためにいくつかの対策を実施しており、その 1 つが Certificate of Entitlement (COE) システムです。この記事では、COE システム、車の所有にかかる費用、車の所有に代わる手段など、シンガポールでの車の所有について知っておくべきことについて説明します。

まず、COE について話しましょう。


COE システム:


COE は、シンガポールで車を所有するために購入する必要がある証明書です。 COE は 10 年間有効で、すべての新しい車とオートバイに必要です。 COE価格は車種やエンジンサイズによって異なり、入札によって決定されます。現在の COE 価格は、陸運局 (LTA) の Web サイトで確認できます。https://www.lta.gov.sg/content/ltaweb/en/roads-and-motoring/owning-a-vehicle /certificate-of-entitlement-coe.html


車を所有するのにかかる費用:


シンガポールで車を所有すると、多額の費用がかかる場合があります。 COE の費用に加えて、車自体、保険、道路税、駐車場、燃料の代金も支払う必要があります。シンガポールで車を所有するのにかかる平均費用は、車の種類やメンテナンスと保険の費用に応じて、年間約 20,000 シンガポールドルから 30,000 シンガポールドルになります。


車の所有に代わる手段:


シンガポールで車を所有する代替手段の 1 つは公共交通機関です。シンガポールには、バスや電車など、信頼性が高く手頃な料金の公共交通機関が充実しています。公共交通機関の大人用カードの月額料金は約 120 シンガポールドルです。もう一つの選択肢は、Grab や Gojek のような配車サービスです。これらのサービスはシンガポールで広く利用でき、市内を移動するための便利でお手頃な方法を提供します。


シンガポールで車を所有することは、COE システムと高い所有コストのため、困難な場合があります。ただし、公共交通機関や配車サービスなど、より手頃で便利な代替手段が利用可能です。シンガポールで車を購入することを決める前に、すべてのコストと利用可能な代替手段を検討し、それが自分にとって正しい選択であることを確認することが重要です。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page