top of page
検索
  • cassandra770

シンガポールでフルタイムのヘルパーを雇う


シンガポールでは、日常の家事や育児を手伝ってくれるヘルパーを雇うことが多くの家庭で一般的です。シンガポールでヘルパーを雇う手順は次のとおりです。


ニーズを決定します。ヘルパーにどのようなタスクを実行してもらいたいか、およびヘルパーに週に何時間働いてもらう必要があるかを検討します。


調査機関: シンガポールには、適切なヘルパーを見つけるお手伝いをしてくれる機関がたくさんあります。これらの代理店は、多くの場合、利用可能なヘルパーのリストと、その経験や資格を持っています。家事手伝いの別名である「メイド」代理店と名付けられた代理店もあります。


潜在的な候補者にインタビューする: 潜在的なヘルパーのリストを絞り込んだら、彼らにインタビューして、彼らがあなたの世帯に適しているかどうかを確認することが重要です。


リファレンスを確認する: ヘルパーの前の雇用主からのリファレンスを機関に依頼し、電話してヘルパーの労働倫理とパフォーマンスについて把握します。


契約書に署名する: ヘルパーを選択したら、雇用条件と双方の責任を概説した契約書に必ず署名してください。


労働許可証を取得する: シンガポールでは、すべての外国人家事労働者は労働許可証を必要とします。労働許可証は労働省 (MOM) を通じて取得できます。


宿泊施設の提供: 雇用主の自宅または近くの認可された宿泊施設のいずれかで、ヘルパーに宿泊施設を提供するのは雇用主の責任です。


医療保険の提供: ヘルパーに医療保険を提供するのは雇用主の責任です。


給与と福利厚生の提供: 雇用主は外国人家事労働者に、雇用契約に従って最低給与とその他の福利厚生を提供する必要があります。


ヘルパーの雇用は合法的かつ重大な義務であることを覚えておくことが重要であり、双方にとって前向きな経験を確実にするために、関連するすべての法律や規制に従うことが重要です。



閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page