top of page
検索
  • 執筆者の写真Richard Selwyn

シンガポールでアパートを借りる: 外国人向けガイド

シンガポールへの移住を計画している場合は、住む場所を見つける必要があります。この記事では、シンガポールで利用できるさまざまなタイプの住宅オプションと、アパート探しをエージェントに依頼するメリットとデメリットについて説明します。

シンガポールの住宅の種類:

  • HDB (住宅開発庁) アパートメント: シンガポール人や低予算の駐在員の間で人気のある、政府の補助金を受けているアパートメントです。 HDB アパートは通常、他の住宅オプションよりも手頃な価格で、さまざまなサイズや場所で利用できます。ただし、通常、他の住宅オプションよりも古く、小さいものもあります。

  • コンドミニアム: コンドミニアムは、駐在員の間で人気のある個人所有のアパートです。通常、HDB フラットよりも広々として豪華で、さまざまな場所で利用可能です。ただし、通常、HDB アパートよりも高価です。

  • 土地付き住宅: 駐在員の間で人気のある独立した住宅です。これらは通常、シンガポールで最も広くて豪華な住宅オプションであり、さまざまな場所で利用可能です。ただし、通常、シンガポールで最も高価な住宅オプションでもあります。

  • セントーサ: セントーサは、シンガポールの南海岸沖の島にある人気の観光地および住宅地です。コンドミニアム、ヴィラ、土地付き住宅など、さまざまな住宅オプションを提供しています。ただし、通常、他の住宅オプションよりも高価であり、シンガポールの他の地域からより孤立しています。

シンガポールでアパートを探す場合、PropertyGuru99.co および SRX。これらのウェブサイトでは、幅広い賃貸物件情報のほか、各アパートメントの場所、広さ、価格、設備などの情報が提供されています。


シンガポールで住む場所を見つけるもう 1 つのオプションは、不動産エージェントを利用することです。これらのエージェントは、予算とニーズに合ったアパートを見つけるお手伝いをし、賃貸の手続きもお手伝いします。ただし、エージェントは通常、手数料が非常に高額になる可能性があるため、追加費用を覚悟しておく必要があることに注意してください。


各タイプの住宅には独自の長所と短所があるため、アパートを選択する際には予算とニーズを考慮することが重要です。不動産ウェブサイトで多くの物件情報を見つけることができます。また、不動産エージェントと協力して住む場所を見つけることもできます。ただし、エージェントの使用に関連する追加コストを認識しておくことが重要です。少しの準備とリサーチをすれば、シンガポールで家と呼べる快適でお手頃な場所を見つけることができます。

閲覧数:1回0件のコメント

Commentaires


bottom of page